格安を謳ったエステティックサロンも

一昔前は、エステティックサロンに通うというのは、お金持ちの女性という贅沢な印象がありましたが、現代ではエステティックサロンの店舗数も増加の一途をたどり、それに比例して価格競争が起きて格安を謳ったエステティックサロンも増えています。

特に、集客のために1回お試しや体験メニューを設けて、ワンコイン500円で体験できたり1000円の体験は通常コースと同じ内容が受けられたりするなど、驚く程の格安料金となっている店舗も少なくありません。

そのため、エステティックサロンの低年齢化が進み、10代でエステを経験する子もいます。


メンズエステも

また、脱毛エステでは女性のみならず男性客も増え、メンズエステなど男性のみをターゲットにしたサロンも増えており客数も伸びています。

客側からすれば、格安化が進むことはありがたい反面、体験コースの安さに惹かれて行ってみるも、体験後に通うことを薦められ、通常コースとなると価格も高く、単発では通えない制度のサロンも多いことから、10万円以上のコースを購入することになるケースも多数あります。

本人が納得した上でコースを購入するのであれば何の問題もありませんが、格安体験だったが故に、10万円以上のコースの想定をしていない人がエステサロンに行き、強く薦められて断れずに申し込みをしたが、消費者センターに相談をするケースも増加しています。

クーリングオフ制度もあるので、解約は出来ますが、なにより客側が、きちんとした強い意志を持ってエステサロンに行き、自分に必要なものかどうか、通いたいのかどうかをちゃんと判断することが重要です。